メッセージ
北斗グループについて
社員インタビュー
採用情報

INTERVIEW

インタビュー

HOMEINTERVIEW - 作田 龍史さん

INTERVIEWお客様に寄り添い、問題解決時の感動を共有できる仕事。
枠にとらわれない柔軟な解決策を提案していきたい。

北斗ソリューションズ株式会社 不動産課 作田龍史

―北斗グループに入社したきっかけと理由を聞かせてください。

元々は専門学校を出て料理人をしていました。店舗開発に関わったのがきっかけで、不動産の仕事に興味を持ち、賃貸仲介会社に転職しました。そこで1年間営業に携わった後、売買仲介専門の大手不動産会社に移り、不動産売買の営業を約15年間勤めました。

前職の会社は売買専門だったので、 お客様に売っていただかないと売上になりません。そのため、お客様の抱える課題を「不動産の売却」という形の解決策に持っていかざるを得ない雰囲気があり、本当の意味ではお客様にご満足いただけた取引になっていなかったように思います。また「売りたい」とおっしゃるお客様でも、なんらかの問題を抱えているために売却が難しい物件や時間がかかりそうな案件は、会社の利益に結び付きづらいのでお断りするような実態もありました。

不動産は一つとして同じものはありませんし、お客様のご事情も様々ですから、売却が最適な解決とは限りません。最終的には売却されるとしても、それまでのプロセスは幾つもの選択肢がある筈です。お客様に寄り添って適切な解決案や選択肢を提案し、望まれる解決の形の実現をお手伝いするのが、不動産のプロとしての本来の姿だと思います。

前職の環境の中でもできるだけそのようなスタンスで仕事をするよう努めてきましたが、売却以外のご提案はできず時間的な制約もあるため、どうしても限界がありました。また、売上や利益を追い求める仕事の仕方にも疑問が募ってきたんです。

不動産業界で賃貸と売買合わせて15年間の経験を積んできて、不動産に関する多岐にわたる問題に適切な解決策が提案できる自信もついておりました。それを自社の利益のためだけでなく、もっと幅広く社会に役立てられる仕事がしたい。そう思って転職先を探し始めました。

転職活動の中で何社もの代表の方と面談させていただきましたが、不動産の仕事に対する姿勢に何かしらのズレを感じてしまい、ぴったりくるものが感じられませんでした。そんな時、北斗グループの社長と話した際は、不動産業や仕事に対する価値観やスタンスが合うと感じたのです。北斗グループでは型にはまった提案だけではなく、本当の意味での「お悩みの解決に向けたご提案」ができると思い、入社しました。

―担当されている業務を具体的に教えてください。

入社以来、空き家をお持ちの方々からの様々なご相談に対応してきました。相談に来られる方の90%が解決策を見つけられず途方に暮れておられます。お悩み事の内容は千差万別ですから、不動産会社単独では解決できない事も多く、弁護士や司法書士といった士業や、遺品整理事業者など様々な専門家との連携が必要です。そういった方々と相談しながら、解決策を見つけ実現させるための調査を含めた準備も重要な仕事です。また、相談者様から「他の会社や役所でこう言われた」と聞いても、それを鵜吞みにせず、本当にそうなのか調べるところから始めています。

空き家に関するご相談では相続が絡むケースが多いため、士業の方のお力を借りる必要が生じることもあります。そのような場合でも、最初から士業の方に依頼するのではなく、自社でまずは徹底的に解決策を検討・準備した後に、適切な士業の方に相談して進めるのも心がけていることの一つです。ご相談者様が相談相手として見ているのは、あくまでも私なので、責任を持って解決に向けたプランニングを行うことが大切だと考えているからです。

常に複数の案件を並行して進めていますが、ご相談いただいてから解決までに必要な期間は様々で、中には1年間かかるものもあります。時間がかかっても最後まで、私共が窓口となり、丁寧に寄り添っています。

また、多数のお客様から空き家の管理を依頼されており、メンバーで分担して月一回異常がないか見回りを行っています。お客様は近隣に迷惑をかけていないか心配されていますので、入念にチェックしてご報告することで、お客様に安心していただくのも私たちの役目です。

―前職と変わった点や新たに得られたものはありますか?

一番大きいのは、転職前に望んでいた「お客様に寄り添った提案」ができるようになったことです。それを可能にしているのは、すぐに会社の利益に繋がらない案件でも一生懸命やることが認められ評価されることです。売上や利益だけでなく、経験や信用を積むことの価値を理解し大切にしている会社だと感じています。

「働き方」の面でいうと、時間内で終わるよう、効率よく仕事をするという考え方が、前職とは一番違いますね。前職でも無駄な仕事や残業をしていたわけではありませんが、効率に対する意識の仕方は大きく変わりました。常にゴールを設定して、そこからの逆算で仕事の段取りを考え、時間内で終わるように進めています。前職より休日も取りやすい環境ですし、残業も少なくなりました。休日は、ジムに通ったり、釣りをしたりしてリフレッシュしています。

もう一つ、大きく変わったと感じるのは、お客様からいただくお礼の深さです。 前職でもお客様から「ありがとう」と言っていただいておりましたが 、今は「ほんとうに助かりました」「ほんとうにあなたに出逢えてよかった」「あなたの言ってくれた通りにしてよかった」と心の深いところから言ってくださっていることが実感できます。時にはこちらの手を取って、何度も深々と頭を下げながらおっしゃられることもあります。不動産の仕事をしていてよかったと、冥利に尽きる体験ができています。

また、空き家の場合は、問題が解決できた時に、ご相談者様だけでなく近隣の方々からも「これで安心できます」などの感謝のお言葉をいただけます。それも嬉しいことの一つですね。

―今後はどのようなことをやっていきたいと考えていますか?

今のところは、いただいたご相談を自分の知識・経験で解決に導くことができていますが、さらに自分の仕事の幅を広げ、成長に繋がるようなもっと難しい案件も来てほしいとも思っています。その時に備え、宅建以外の資格も取得したいですね。お客様をしっかりとサポートするためには、不動産関係の資格だけでなく、ファイナンシャルプランナーなどライフプランに関する資格も取得した方がいいかなと考えています。

チームとしては、みんなで話し合いながら、空き家の新しい活用策を探している最中です。物件は一つひとつ違いますから、それに応じて違う提案があっていい筈です。枠にとらわれない斬新なアイデアを出し、実現させていきたいですね。

―どのような方が北斗グループに向いていると思いますか? 

第一に、お客様への「奉仕の心」を持っていることです。困っているお客様に対して、見て見ぬふりをせず、抱えておられる困難を直視できることが必要です。そして、「かゆい所に手が届くような提案ができること」です。

いわれた仕事だけを淡々とやっているだけでは、お客様に満足はしていただけるかもしれませんが、感動してはいただけません。ご提案書一つでも、ただ説明するのではなく、プラスαの提案や仕事ができるかがポイントとなります。それができるためには、相手のことを思いやりながら信頼関係を築いていける人であることが大切です。 お客様と感動を共有でき、「本当に良かった」と言っていただくことが、私たちの使命であり、やりがいです。入社される方には、お客様の心からの笑顔 を体感してもらいたいですね。

INTERVIEW

社員インタビュー 一覧

RCRUIT

ページの先頭へ