メッセージ
北斗グループについて
社員インタビュー
採用情報

INTERVIEW

インタビュー

HOMEINTERVIEW - 上村 恵理子さん

INTERVIEW自分を偽らずに、素直な気持ちでお客様の悩みと向き合える。
今は心も身体も健康で充実しています。

北斗アセットマネジメント株式会社 売買営業課 上村恵理子

―北斗グループに入社したきっかけを教えてください。

私は前々職で中古マンションの売買営業をおこなっていました。幅広い物件を扱える面白さと、それなりの大きさの案件を扱える適度なプレッシャーがある売買営業という仕事は「これほど楽しいことは他にない!」と思えたのですが、プライベートの時間がほとんどない働き方に「長くは続けられない」と判断し辞めることにしたのです。その後他の不動産会社で事務の仕事に就きました。そこでは売買営業時代より時間があったのでスキルアップに役立つ資格を取得することはできましたが、営業職のようなやりがいが少なかったため、いつしかもう一度営業職に挑戦したいと思うようになったのです。

転職先を探す時に重視したのは「取り扱う物件の範囲が広い」ことと「プライベートを犠牲にしなくても働ける」こと。この2つを満たせなければ自身の性格上、長く働けないのはわかっていたので、どちらも譲れませんでした。実は最初、グループ会社である北斗ソリューションズの空き家管理及び相談員の募集に応募したのですが、面接で「営業職に興味はない?」と聞かれたのです。正直に「以前のように自分を犠牲にする働き方はできないけれど、やりたい気持ちはある」と話したら「所沢の北斗アセットマネジメントで営業職として働いてみませんか?」と勧められて入社しました。

―前々職と同じ不動産営業ですが、働き方や仕事内容にはどのような違いがありますか?

営業職では業界問わずありがちだと思いますが、とにかく売り上げた人が偉いという文化があるので、以前はノルマのことばかりを考えていました。ところが当社の場合は根本が違っていて、「困っている人を助けましょう」という精神が先にあります。例えば不動産事業者の基本的な収益源が仲介手数料だとすると、その金額は販売価格の数%と決まっています。つまり販売価格の小さい物件は当然利益が少なく、これを売るのに時間をかけることを良しとしない企業は数多くあります。けれど当社の場合は、小さい物件に時間をかけたとしても、きちんとやり遂げれば評価してもらえます。そこは大きなやりがいです。

仕事内容においては、単純に扱っているものが空き家・空き地というだけでだいぶ違います。例えば法律的に建物を建てられない空き地をどう売るのか。廃棄するゴミが大量にあった場合、それらをどう処理すればいいのか。案件ごとに課題があり、その解決方法はケースバイケースです。そのため、他社の不動産営業よりも調査という過程がかなり多いと思います。空き家は売買に至るまでが困難だったり、所有者が空き家をどうするか決めるまでに時間がかかったりするなど課題が多く、他社ではまず扱っていないことがほとんどです。加えて空き家の売買は、不動産営業としての知識だけではまず太刀打ちできません。けれど、だからこそ本当に困っているお客様が多いのです。解決した時のお客様の喜びも大きいようで「安心しました」「ホッとしました」と言っていただけることが多く、その度に本当に嬉しくなります。

―空き家問題に関わる業務において大事なことは何だと思いますか。

空き家というのは、売却に至らない、あるいはできない事情があるなど、必ず何かしら理由があって空き家になっています。そこにある悩みは人それぞれで、解決方法もまた空き家の数だけあるのです。そうなった時に、本当に困っているお客様に信頼してご相談いただくために必要なのは、まず私たち売買営業が幅広く正確な知識を持つことだと思います。

当社の場合、現場ごとに各々が勉強しているのと同時に、周りのメンバーと知識をシェアし合っています。「わからない」と誰かが言うと「過去のこの事例が近いよ」と誰かが教えるという光景が当たり前です。以前の職場では周りの営業は同僚でありながらライバルという関係でしたが、今はみんな仲間。一人じゃないと思えるだけで精神的にすごく楽ですね。

―転職後、ワークライフバランスは取れるようになりましたか。

はい、毎日が充実しています。前々職の不動産営業時代は、帰ったら寝るだけでした。それが今では家に帰ってからもそれなりに時間があるので家族との時間を過ごしたり、資格取得のために勉強したりと好きに使えていますし、休日には趣味のダンスも全力で楽しめています。休日にきちんと英気を養い、日々の仕事に全力で向き合うという良い循環ができているという実感がありますね。

―仕事をする上で大切にされているポリシーなどはありますか。

「誠実に対応し、お客様が納得したうえで進める」ことです。正直、不動産業界はノルマのためにお客様に対して誠実とは言えない対応をとることが往々にしてあります。そういうことをしたくなくて転職したので、そこがブレてしまったら当社に入社した意味がなくなります。

グループ代表との最終面談の時に「どんな仕事がしたい?」と聞かれ「お客様と真摯に向き合いたい」と答えたら、北斗グループは“損得で物事を判断するのではなく、善悪で判断する”“心清時達(心清らかであれば何事も達成できる)”などの企業理念を持っている会社だと教えてくれました。その時は正直「本当かな?」と疑っていましたが、入社してみたら本当でした。
その時にこの会社ならやりたいことができると確信しましたし、日々お客様のために仕事ができているという実感があります。

―どのような方と一緒に働きたいですか。

前向きで勉強熱心な人、わからないことを素直に相手に聞ける人ですね。「もうダメだ」と簡単に投げ出さないで、ある意味諦めが良くない人が当社には向いていると思います。前述したとおり幅広い分野での調査が多いので、地道で細かい仕事や日々新たなジャンルに挑戦をすることに抵抗がない人でないと、もしかしたら当社の仕事は苦に感じるかもしれません。けれど逆に「この物件をどうにかしてあげたい」とあらゆる可能性を調査し解決していく気概がある方なら、大きなやりがいを感じられると思いますよ。ぜひ一緒にお客様の悩みを解決しましょう!

INTERVIEW

社員インタビュー 一覧

RCRUIT

ページの先頭へ