北斗アセットマネジメント株式会社北斗アセットマネジメント株式会社

  • 電話
  • メニュー

協力専門家のご紹介

不動産に関わる問題解決のため
ご協力いただいている専門家の方々をご紹介いたします。

エピローグコンサルティング株式会社

小野寺 秀友

小野寺 秀友 おのでら ひでとも

専門領域:
ライフエンディング事業
注力分野:
  • 終活サポート
  • 葬儀コンサルティング
ライフエンディング事業を通じて、
お客様が「豊かな人生を生きる」ことを
応援しています。

エピローグコンサルティング株式会社

電話番号
048-871-6883
埼玉県上尾市仲町1-7-27 アークエムビル7F
受付時間
9:00~18:00
土・日・祝日
UR
https://epi-con.info/

エピローグコンサルティング株式会社

自己紹介

これからの人生を悔いなく生きるための「終活」をトータルでサポートします。
葬儀業界経験を生かした葬儀および葬儀後のサポートはもちろん、生前に済ませておかれたい各種の片づけやお墓の引っ越しなどもワンストップで解決します。

注力分野/特徴

終活サポート

終活には様々な分野があり、それぞれに専門家や業者がいます。どこから手をつけて誰に何をどう相談すればいいかを把握するまでが大変です。そのため、気になっていることはあっても、解決のための具体的な行動には移していない方が多いのが現状です。そのまま問題を先送りしていては、先々後悔してしまわれることもあるでしょう。

それを防ぐために、弊社では、質問に答えていただくだけで困りごとが整理される『終活診断』を無料でご提供しております。この診断によって、病気介護・葬儀お墓・遺言相続などの各分野で、ご自身がどのような状態にあるかが明確になり、これからの課題が見えてきます。同時に、今後の人生をどうしていきたいか、ご家族にどうあってほしいかといったご自身の“想い”も把握できます。

診断結果に基づいて、ご相談者様の“想い”を軸とした終活の方針をご提案します。その方針に沿って、ご相談者様の課題の解決に適した専門家をご紹介することで、終活全体をワンストップでサポートいたします。

こんなお悩みありませんか?
  • そろそろ終活を始めた方がいいと思うが、何をしていいかわからない
  • 終活準備のために市販のエンディングノートを購入してみたが書けない
  • 専門家を探して自分に合った人を選ぶのが大変そうで終活に手をつけられていない

葬儀コンサルティング

終活の中で多くの方が悩まれるものの一つが葬儀です。葬儀は法律で義務付けられているわけではありませんが、ご本人やご家族の状況によって、されなくてもいい場合とされた方がいい場合があります。

弊社では、葬儀が必要かどうかからご相談を承ります。お話をうかがって、葬儀は必要ないとなった場合は火葬についての手配一式をお引き受けいたします。 葬儀が必要な方には葬儀の方法や規模等のアドバイスや葬儀社のご紹介など、ご相談者様の状況に沿った適切なサポートが可能です。

また、生前に死後事務委任契約というものを 結んでいただくことで、お客様の代理人として各種の届け出や支払いも可能なことから、葬儀後に必要となる事務手続きやお金の支払いなどのサポートもお引き受けいたします。「これで安心」とおっしゃる相談者様の笑顔が私たちの励みです。

こんなお悩みありませんか?
  • 葬儀はせずに火葬だけをしてほしいが葬儀社に断られ、どうしていいかわからない
  • 墓の移転や家にある不用品の整理・処分などをまとめて頼みたい
  • 自分の死後に必要となる各種の事務手続きを頼める人がいない

相談事例

実際にあった事例をご紹介します。
気になる事例をクリックすると、詳細を閲覧する事ができます。

終活サポート
エンディングノートが書けない
詳細を見る

相談前

自分の死後に家族に迷惑をかけたくないので、終活準備のためにエンディングノートを書こうと思い、市販のものをはじめ幾つか入手した。

書き始めてみたところ、どのエンディングノートも延命治療や遺言、葬儀などをどうするかを決めた結果を記入するようになっていた。そのため、そういったことをこれから調べて決めようとしている自分にはほとんど記入することができなかった。決めるために役立つツールがほしいのに見つからない。

相談後

弊社でお勧めしている『マンダラエンディングノート』をご紹介しました。このエンディングノートは質問に答えるだけで、心のどこかにある今後の人生をどうしたいか、自分亡き後に家族や周囲にどうしてほしいかといった想いを、目に見える形にできるものです。この想いに沿った終活の方針を立てることで、終活における様々な課題の優先順位が決まり、具体的な検討に進むことができます。

相談者様は「これなら書ける」と大変喜ばれ、早速記入されました。その結果、「自分は病気で苦労したので、同じ病気で苦しんでいる人を助けたい」という想いが浮かび上がり、財産の一部をそういった活動に寄付することを決められました。
専門家からのコメント
小野寺 秀友
ご相談者様のように「エンディングノートを書こうとしたけど書けなくて、途中で止めてしまった」というお話をよくうかがいます。
一般のエンディングノートの大半は、残された家族への伝達を目的とした形式になっています。そのため、「遺言はここにある」「葬儀はこうしてほしい」といった決定事項や具体的な希望を記入することが必要です。

既にそういったことを決めている方が記載するには適していますが、これから決めようとしておられる方の場合は、書くことができず、そこで手が止まってしまいます。
エンディングノートを書いてみようとすることで、決めるべき項目は把握できても、その中身を決めるためには直接は役立たないことも多いです

個々の具体的なアクションや要望事項を決めるためには、まず全体的な方針を立てることが必要です。全体方針の軸となるのは、ご本人の中にある “想い”です。
『マンダラエンディングノート』を使って、その“想い”を「見える化」することで、全体方針が定まり、終活の具体的なステップに進むことができます。
終活サポート
3人の子どものうち、1人だけに全財産を残したい
詳細を見る

相談前

命の危険のある手術を受けることになり、医師から「もしもの時のための準備をしておいてください」と言われた。

子どもは3人おり、長男が先天性の病でずっと入院している。自分の死後、長男が生活に困らないように、全財産を長男に相続させたい。遺言を残せばいいのかもしれないが、どのようにすればいいのかわからない。自分はほぼ寝た切りで病院から出られず、頼れる人もいないので困っている。

相談後

ご長男に全財産を遺す旨の公正証書遺言を作成されることをご提案し、遺言書サポートを依頼する司法書士の先生をご紹介しました。その先生が公証人と共に、ご相談者様が入院しておられる病院に出向かれ、無事に公正証書遺言が作成できました。司法書士の先生は遺言執行者にも就任されました。

また、ご相談者様は、ご長男以外のお子さんとは不仲で亡くなられた後のことを頼めないとのことでした。そこで、遺言執行者と弊社が協力して葬儀後のサポートも承ることになり、弊社と死後事務委任契約を結んでいただきました。ご自宅の荷物の片づけは手術前に済ませたいとのご希望を受け、ご相談しながら早急に整理を行いました。

一連のお手伝いをすることで、相談者様はホッとした笑顔を見せてくださり、「これで心残りがなくなった」と感謝の言葉をいただきました。
専門家からのコメント
小野寺 秀友
終活には色々な分野の専門家が関わります。それを全てご本人が探して依頼するのは大変な作業です。弊社では終活に関する様々なご相談をワンストップで承り、適切な専門家をご紹介して解決に導きます。

また、どんな方であっても、亡くなられた後の手続きは相当煩雑です。ご家族がいらっしゃる場合にも、遠方にお住まいなどの理由で手続きがご負担になる場合もあります。死後事務委任契約を結んで信頼できる第三者 に依頼することも一つの解決方法です。
葬儀コンサルティング
葬儀をせず、火葬だけを依頼したい
詳細を見る

相談前

医師から余命宣告を受けた。身寄りがなく、友人たちにも先立たれてしまい、葬式をしても呼ぶ人がいない。火葬だけをしてもらいたいが、葬儀社には断られ、どこに相談すればいいかわからない。

相談後

詳しくお話をうかがったところ、火葬のこと以外に、お墓についても悩んでおられることがわかりました。相談者様が亡くなられると、ご両親の郷里のお寺にあるお墓を守る人が誰もいなくなるので、永代供養墓地に移転したいとのことでした。

相談者様の火葬代行を承ると同時に、ご先祖様のお墓の墓仕舞いと、既に契約しておられた永代供養墓地への改葬をお手伝いさせていただきました。
専門家からのコメント
小野寺 秀友
最近は葬儀不要という方も増えてきました。大抵の葬儀社は葬儀のない火葬のみは受け付けておりませんが、弊社では葬儀が無い場合でも、ご遺体の搬送から骨壺にお納めするところまで承ります。また、遠方の お墓の墓仕舞いも提携企業と協力してお手伝いさせていただきます。

葬儀に関するご相談を伺うと、多くの場合、気にかかっていても誰にも相談できないでいらしたことが他にもあることがわかります。
そういった気がかりなことを話していただける傾聴力を弊社スタッフが養うと共に、葬儀社やシニア業界向けのコンサルティング、人材育成研修も行っています。
不動産に関すること。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ04-2925-9495
受付時間 10:00~17:00(日・祝 定休)

不動産に関すること。お気軽にご相談ください。 不動産に関すること。お気軽にご相談ください。
TOP