メッセージ
北斗グループについて
社員インタビュー
採用情報

INTERVIEW

インタビュー

HOMEINTERVIEW - 大野 収也さん

INTERVIEW高みにある目標に向かって、試行錯誤をしながら進んでいる状態。
一歩ずつ堅実に空き家問題の解決につながる活動を行っていきたい。

北斗ソリューションズ株式会社 営業課 大野収也

―転職先に北斗ソリューションズを選んだ理由は。

前職では産業機械メーカーでセールスエンジニアの仕事をしていたのですが、業界の体質に保守的な面があったため、新しい価値観を生み出しているような企業の中で自分自身も新しい事に挑戦してみたいという想いがまずありました。その中で知った北斗ソリューションズは社会問題に大きくリンクし、ブルー・オーシャンな(未開拓な)状況にある“空き家問題”を事業として取り組んでいる目線がとても面白いと思いましたし、社会貢献度の高いビジネスに関われることにも魅力を感じました。

また、事業内容以上に社長の人柄に惹かれた部分がありました。話を伺う中で社員のプライベートな活動も応援していたりなど、多様な価値観を受け入れてくれる器の大きな方という印象を受けたんです。だから、社長の下で働いてみたいと感じたのが一番の入社の決め手になったように思います。

―実際に入社されてどのような感想を持たれましたか。

入社前は「この会社にしかない、空き家問題を解決させる魔法のようなソリューションがある」と思っていた部分があったんです。けれど、空き家になる理由や空き家の状態がさまざまな中でそんな魔法が存在するはずもなく、問題に対して地道に、そして根気よく進めていく事こそが肝心なのだということに気がつきました。魔法はなくても“放置空き家をゼロにする”という明確な目標と、ボランティアではなく持続可能なビジネスモデルの中でしっかりと仕事を行っていれば、いつしか目標は必ず達成されると思っています。

―具体的にはどのような仕事を行っているのですか。

北斗ソリューションズは、“放置空き家をゼロにする”ことを目標に設立された『NPO法人 空家・空地管理センター』を、あらゆる側面からバックアップするのが主な事業です。その中で私は、不動産会社様に向けて空家・空地管理センターへの協力を募るという仕事を行っています。

空家・空地管理センターは、空き家の所有者様にとってのいわば“駆け込み寺”のような役割を担っています。ただ、駆け込み寺というだけではボランティアのまま永続的に続くものではないため、ビジネスとして成り立たせる必要があります。そのためには営利団体である不動産会社様の協力が不可欠になってくるため、それをつなげる役目を私が担当しているわけです。不動産の知識が少ないために初めは戸惑う部分もありましたが、空き家の所有者様(利用者様)に近い目線でお話できることを強みに、現在は客観的な立場からこの事業の意義や必要性を伝えるようにしています。

―今後の抱負について教えてください。

現在、空き家の数は増え続けていても、それに比例して相談者様が増えているわけではありません。つまり、空き家を問題だと認識されていない方も多いということです。この状況をしっかりと啓発していき、空き家の管理、活用で困ったら空家・空地管理センターに相談しようという図式ができあがるようにしていきたいと考えています。また、全国で1700弱ある自治体のうち、まだ380ほどのエリアしかカバーできていないのが現状のため、今はその図式を目指す前の段階で、協力会社様を増やす努力を懸命に続けているというところです。

また、将来的には協力会社様同士でコミュニティが築かれていければと考えています。例えば東京などの大都市と地方都市では空き家の状況も行政の取り組みも違います。その地域のコミュニティで、その地域に合った方法で空き家問題に連携して対応していただけるようになれば理想ですね。

―どんな方と一緒に働きたいですか。会社の魅力についても教えてください。

私たちの目標としているところは現状を鑑みればはるかに高い位置にあるため、そのプロセスを自分自身で仮説を立てながら描いていかなければなりません。もちろん手に届く目標も設定しますが、それが最終的な目標を達成するために必要なプロセスなのかを常に自問自答し、時にはプロセスに変更を加えながら進めている状況です。だからこそ、この目標を見失わずに一緒に向かっていける方、自身で考えられる方に来ていただけると嬉しいです。

職場の雰囲気も本当に良くて、みなさん自分のことより周りの方のことを優先して考えるような人ばかりです。私のように40歳を過ぎて入社した場合、年齢が上というだけで必要以上に気を使われたりなどしないかと懸念していたのですが、この会社にはそうした心配は必要ありませんでした。皆それぞれに尊敬できる所を持っていて、その部分を尊重し合っているからこそ、年齢や役職に関係なく自由に意見を言い合える社風と度量があります。それは「上司や社員の顔色を見ながら仕事をするのではなく、お客様の方を見て(お客様の立場を第一に考えて)仕事をしよう」という社長の考えが浸透しているからかもしれません。

―入社してから生活環境も含め、ご自身の中で何か変化したことはありますか。

まずは、家族と触れ合える時間が増えたことでしょうか。前職では年間180日ぐらい出張に出ていたような仕事だったため、子供の育児を妻に任せきりでした。現在は土日がお休みになったため、子供を遊びに連れて行ったり家族サービスが出来るようになったのは本当に良かったと思います。

また、空き家問題に関わらせていただいてから、実家のことをよく気にかけるようになりました。相談者様のお話を伺っていても、私自身の実家と置き換えて考えることがよくありますし、家族にも連絡を頻繁に取るようになりました。そういった点でも家族の結びつきを強く意識するようになったように思えます。

INTERVIEW

社員インタビュー 一覧

RCRUIT

ページの先頭へ